スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

薬の時間 



先日黄助を病院へ連れて行き

症状が改善されていたので薬の回数が減った。





ちなみに私の場合、いつもこうやって黄助に薬をあげている。



最近寒いからね。

ただでさえ、抗菌剤のせいでお腹がゆるくなる可能性がある。

更に冷たい物でお腹下したりしたら大変だし。

薬は生ぬるくしてあげいる。



まず、成分無調整の豆乳を醤油皿なんかに入れて、レンジで数秒温める。

すぐ沸騰するから注意。

でも、スプーンに移せば冷めるのでそんなに心配しなくてよし。
このまま数秒レンジでチン




キレイに洗った自分の手でスプーンを人肌に温める。
ぬるくする




このスプーンに良く振った薬と豆乳を入れ、軽くゆすって完了。
必ず熱過ぎないか確認




で、用意が出来たら黄助を呼ぶ。


おーい、薬だよー。
こんな時は反応が良い




豆乳は大好き、薬もそのままでも割と飲んでくれるので、親としては楽。
いつもスプーンを掴んで飲む
黄助にとって 至福の時 。



喜んでくれれば嬉しいじゃなぁ?い。






いつもはしっかり掴んで放さないスプーン

今日はすんなり放した。
満足じゃ



他のハム親さんはどうやって薬をあげているのかしら?






にほんブログ村 ハムスターブログへ
にほんブログ村 ハムスターブログ ゴールデンハムスターへ←愛情で治療中
スポンサーサイト
[ 2009/01/13 15:23 ] ゴールデンハムスター | TB(0) | CM(2)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。